お腹ぽっこりの・おなか肥満が続くと身体はどうなる?

お腹についている脂肪というのは、他の部位の脂肪よりも死亡率が高く、命に関わる危険性が高いという研究結果があります。
そして、お腹の脂肪よりも怖いのは、内蔵の周りに脂肪がつく内蔵肥満型となるお腹ぽっこりという状態です。
内蔵肥満型は、ただの肥満よりももっと重度の病気にかかるリスクが高く、死亡リスクに関しては2倍以上にもなるそうです。

 

お腹の脂肪が危険と言われる理由は、お腹の脂肪は新陳代謝が悪いという性質があるからですが、さらに脂肪細胞はインスリン抵抗性を促進する作用を持つホルモンが分泌されている可能性があるからです。
そのため血糖値やLDL(悪玉)コレステロール値が高くなるという傾向にあります。
つまり、お腹ぽっこりの内蔵肥満型やおなか肥満が続くと、糖尿病や高血圧症、高脂肪症を始めとする生活習慣病や心臓管系の疾患が引き起こされてしまうかもしれないのです。

 

普通の肥満なら、お腹がたるんだりぶよぶよしているなど、見た目で判断することができますが、内蔵肥満型は見た目には分からないことが多いので、注意が必要です。
ですが、どちらの肥満であっても、重度の疾患が引き起こされるリスクがあるというのは同じなので、普通の肥満でも安心してはいけません。
お腹周りの脂肪は、皮下脂肪であっても内蔵脂肪であっても、自己流では燃焼させることは難しいのです。
もちろんそのままにしておいたら、いずれは病気になってしまう可能性が高いので、エステサロンのお腹痩せメニューを利用するなど、確実に脂肪を落とす対策を行いましょう。